事前レーザー印字・検査装置:MKZシリーズ(カートン用)


ロット・多品種、省スペースのニーズに応えるオフラインのカートン用の高品質レーザー印字およびカメラ検査装置

  • カートンを組み立てる前にレーザーで印字を行い、印字部を検査する装置です。
  • オフライン装置のため、現行ラインはそのまま使用できます。
  • インラインへの設備対応や、バーコード検証機も取り扱っております。
  • 包装資材として、カートンの供給も可能です。

動画紹介

協力会社 株式会社美木多機械
主な用途 医薬 化粧 食品 メディカル 生活用品
ご提供サービス 包装材料 包装形態 包装機械 包装加工

ご提案事例

【ご提案製品】
医療用医薬品流通の効率化やトレーサビリティ強化の目的から、「販売包装単位」、「元梱包装単位」への有効期限といった可変情報を含む新バーコード表示が必須化されるにあたり、本機を導入することで、オフラインでの高品質レーザーマーカー印字・カメラ印字検査を行うことができます。
【課題と解決の方法】

・レーザーマーカーによる粉塵の発生が気になる。

→捺印後の搬送工程における回転ブラシの採用により粉塵を除去できるため、カメラ検査精度が向上します。

 

・自動ラインへ印字検査装置を組み込むスペースがない。

→オフラインでの高品質レーザーマーカー印字・カメラ印字検査を行うことができるため、現行ラインでの生産・手作業包装が可能となります。

 

【導入のポイント】

・GS1データバーの印字およびカメラ検査装置を有し、医療用医薬品用途に対応できるカートナーを製作するメーカーは限られています。

・納品してから1~2週間で本稼働させることができる手離れの良さがあります。

製品情報検索

ページの先頭へ