包装技術開発センター

PACKAGING TECHNICAL DEVELOPMENT CENTER

開発品をご検討の場合

商品化の流れ

お客様からのご相談

お電話、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

包装企画・市場調査
  • 包装検討(包装材料・形態)
  • 市場調査(サイズ案・仕様・形状)
  • 仕様内容の決定、必要に応じて提案書作成
  • (イメージサンプル作製、表面印刷)

打ち合わせ

特殊インクジェットプリンター

イメージサンプル

お客様の包装に関する課題やご要望に合わせ、包装材料や形態の検討を行い、製品をイメージ化していきます。
必要に応じて提案書の作成や、特殊インクジェットプリンターを用いてイメージサンプルを作製します。
包装設計
  • 設計(2D-CAD、3D-CAD)
  • 成形型やシール型を切削

2D-CAD

3D-CAD

切削機

2D-CADや3D-CADを用いて、製品イメージを具体化していきます。形状、容積、寸法などを計算し、出来上がった図面を切削機のデータに変換し、型やプラグを作製します。
試作
  • 成形(真空成形機、アルミ成形機、全自動ブリスター包装機MW)
  • 充填/シール/打ち抜き

成形

充填
シール

打ち抜き

真空成形機

出来上がった成形型を用いて、シートを成形します。お客様の要望によっては充填を行い、その後シールおよび打ち抜きをして、製品を試作します。
調査
  • モニター調査、特許調査

モニター調査

特許調査

開発品を一般の消費者や薬剤師に使用していただき、ご意見を参考に改善を行います。
また、特許抵触の可能性はないかも併せて調査を行います。
工業化検討
  • グループ会社のカナエエンジニアリング株式会社(機械部門)と共に、工業化を検討します。

機械調整の様子 1

機械調整 の様子2

試作段階で問題がなければ、工業化検討を行います。新しい機械の投資が必要なのか、機械の改造だけでよいのかをグループ会社のカナエエンジニアリング株式会社と共に、検討します。
安定性試験
  • 包装材料の経時安定性試験(シール強度測定など)
  • 減圧試験、耐圧試験
  • 重量測定

測定検体作製

シール強度測定

耐圧試験

恒温恒湿槽

実機作製サンプルやハンド作製サンプルを用いて、包装材料の安定性試験を行います。各種測定機器や官能評価で包装材料として問題がないか、シール強度やラミネート強度測定、耐圧試験などを行い、確認します。
製品規格設定・生産/商事販売

製品規格設定

  • サイズ、仕様、材料について最終設定

生産/商事販売

  • 当社工場(もしくは委託協力先)にて生産
  • 製品評価(不測の事態が発生した場合は、すぐに各部署を交えて解決手段を検討)
  • お客様への資材販売、機械販売

打ち合わせの様子

商事販売

生産の様子

作製サンプル

お客様および当社担当部署(品質部、業務部など)と製品の規格について最終確認を行い、規格を設定します。
当社で生産する場合に限らず、資材・機械販売においても製品評価やお客様先でのサポートを行います。
その他・サービス
  • 材質分析評価
  • 透湿度測定
  • 各種強度測定
    (シール、ラミネート、コシ、引き裂き、突き刺し、押出など)
  • 特許調査
  • モニター調査
  • 見学/試作立ち合い

評価立ち合い

強度測定

材質分析 1

材質分析 2

包装技術開発センターでは、様々な機器を用いて各種測定を行っています。現象の把握および原因の特定をはじめ、試作立ち合いも受け付けております。

ページの先頭へ