包装技術開発センター

PACKAGING TECHNICAL DEVELOPMENT CENTER

当社では、オリジナル商品の研究開発やお客様からの技術的なご依頼事項の対応や課題解決のために2008年5月2日「包装技術開発研究所」を開所いたしました。 2018年10月21日に包装技術開発研究所を「包装技術開発センター」に改組して、包装技術開発部と技術人財開発部を設置いたしました。 2019年5月15日に神戸工場敷地内に新築の「包装技術開発センター」を開設し、医薬品・メディカル・化粧品・生活用品・食品分野におけるお客様、お取引様と共同開発を推進し、様々な課題を解決できる新しいパッケージの創出に向けて邁進いたします。 アイデアをすぐに具現化・カタチにできる試作機・印刷設備や試験・分析機器を拡充させ、パッケージの企画・設計から試作・評価まで「『お客様のパッケージへの想いをカタチに』を実践できる拠点」となります。 ユニークな開発品を手に取りながらの技術的なディスカッションや、センター員と一緒に保有設備を活用しスピーディーに課題解決を行う体制を構築いたしましたので、包装技術開発センターへご来訪いただきご活用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

包装技術開発センター長 梅田宏行

ページの先頭へ