当社では、2008年5月2日「包装技術開発研究所」を開所し、2017年10月21日に「包装技術開発センター」に改組して包装技術開発部と技術人財開発部を設置いたしました。 2019年5月15日に神戸工場敷地内に独立した「包装技術開発センター」を開設し、医薬品・メディカル・化粧品・生活用品・食品分野におけるお客様、お取引様と共同開発を推進し、新しいパッケージを創出しております。 2020年12月、包装技術開発センターでは包装のお悩み解決窓口「KANAE GOOD ANSWER LAB(カナエ・グッドアンサー・ラボ)」をコンセプトとし、「あなたのもうひとつのラボ」としてご活用いただけるよう、3つのサービス「共創サービス」「分析・評価サービス」「工業化サービス」で包装課題の解決に努めてまいります。 パッケージの企画・設計から試作・評価まで技術的なディスカッションや、センター員と共に保有設備を活用しスピーディーに課題解決を行う体制を構築しておりますので、包装技術開発センターへご来訪・ご活用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

包装技術開発センター長 梅田宏行

ページの先頭へ