CSR情報

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

トップメッセージ

包(つつむ)」で安全安心を創造し、
持続可能な社会に貢献する

 当社は、今年で創業65年目を迎えました。
 これまで包装資材の販売、受託包装加工、包装機械の設計・販売を通じて、トータルサポート力でパッケージの総合企業として商品・サービスを提供してまいりました。
 2019年10月21日から第65期をスタートするにあたり、2030年に向けたビジョン「新しいパッケージで市場創造し、持続可能な社会に貢献する」を掲げ、それに基づいた第8次中期経営計画を策定し、新たな一歩を踏み出しました。
 2015年9月の国連持続可能な開発サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標であるSDGs(Sustainable Development Goals)に共感し、2019年1月よりSDGsに取組むことを会社として決定しました。
 当社はパッケージを中心とした事業を行っております。ご承知の通りパッケージは使い終わればそのままゴミとなり、正しく処理されなければ、現在世界的に問題となっている海洋汚染を始め、環境に負荷をかけてしまうという側面があります。そのためSDGsの目標の1つである環境問題にも真摯に向き合う必要があります。
 2030年ビジョンを推し進めることで、持続可能な社会の実現に向けて当社も寄与できるものと考えます。
 これからも永続的に社会から必要とされる企業であり続けるために、当社の存在価値を高めてまいります。

代表取締役社長:

ページの先頭へ