開発中 特許出願中

コンパクトSP(成形ストリップ包装)


ストリップ包装を見直しませんか?お薬をコンパクトに包装、スペース小でメリット大!

  • 通常のストリップ包装やAL-AL PTPからサイズダウンできます。
  • 通常のPTPよりも中身を取り出しやすくなります。
  • PTPに比べて柔らかいので、誤飲した際に食道を傷つけにくくなることが期待されます。

※開発状況等により、仕様・規格等を変更する場合があります。また、内容物の種類や包装仕様により、設備導入、改善等の必要があります。

主な用途 医薬 化粧 食品 メディカル 生活用品
ご提供サービス 包装材料 包装形態 包装機械 包装加工

提案事例

【提案製品】
医薬品「OD錠、吸湿性の高い錠剤、酸素に弱い製剤等」の一次包装として
【課題と解決の方法】

錠剤の吸湿性が高いので、PVCシート、PPシート以上に防湿性は必須。

→ラミネートフィルムを使用するので、アルミ箔構成の選択が可能です。

 

AL-AL PTPを検討していたが、AL-AL PTPでは実際に錠剤が入っているかどうかの確認が難しい。

→両面アルミタイプでも目視で錠剤の有無は確認できます。片面を透明にすると確実に確認可能です。

 

ストリップ包装やAL-AL PTPはシートサイズが大きいと調剤薬局等から不評。

→通常のストリップ包装や、AL-AL PTPよりもコンパクトなサイズです。

 

AL-AL PTPは錠剤を押し出しにくいという患者さんの声がある。

→ラミネートフィルムにレーザー加工を施し、ノッチからの開封を軽くしたり、錠剤を取り出しやすい位置、形状でレーザー加工することも可能です。

【導入のポイント】

・ストリップ包装やAL-AL PTPのバリア性などの良い面は残しつつ、欠点はカバーしている。

・PTP携帯時のアルミ箔破れのような問題もなく、患者さんにもメリットがある。

・新しい包装形態で、他製品と混同されにくそうである。

・誤飲対策包装としてCSRやSDGs報告書に記載して取り組みをPRできる。

製品情報検索

ページの先頭へ