CPP用PTPアルミ低温シール材「ALT-PP」


高速PTP包装機に最適! 生産性向上、品質の安定、環境負荷低減の実現に

  • 高速PTP包装機でも低温域でのシールが可能になり、高速で安定した生産が可能です。
  • バーコード印刷などで白ベタ印刷を行っても、低温域でのシールが可能で、印刷の焦げ・アルミのピンホール等の防止効果が期待できます。
  • 現行品よりもシール温度を下げることができ、包装機の電力使用量を削減できます。

当社『SWコート』と併用することで、白ベタ印刷に比べて更に低温のシールが可能になります。
※ご採用にあたりましては必ず貴社実機でのご評価をお願いします。

主な用途 医薬 化粧 食品 メディカル 生活用品
ご提供サービス 包装材料 包装形態 包装機械 包装加工

ご提案事例

【ご提案製品】
PTPアルミ蓋材のシール温度を現行品(一般タイプ)よりも10℃~20℃下げることができるため、生産性アップや品質の安定が望めます。また、環境対応製品としての訴求など、従来のPTP製品に新たな価値を付与することが可能です。
【課題と解決の方法】

・PTP包装の生産性をさらに向上させたい。

→高速PTP包装機でも低温域でのシールができるようになり、高速で安定した生産が可能です。

 

・製剤への熱履歴を少しでもおさえたい。

→低温域でのシールができるようになり、製剤に対する熱影響を軽減させることが期待できます。

 

・より安定した品質での生産を徹底したい。

→バーコード印刷などで白ベタ印刷を行っても、低温域でのシールが可能であるため、印刷の焦げやアルミのピンホール等の防止効果が期待できます。

 

・環境に配慮した包装材料を採用していきたい。

→現行品よりもシール温度を下げることができるため、包装機の電力使用量を削減でき、環境負荷低減製品として訴求が可能です。

 

【導入のポイント】

・「SWコート※」と併用することで、更に低温のシールが可能です。

※白ベタ印刷なしでGS1データバーが読み取れるPTP用アルミ箔

製品情報検索

ページの先頭へ