ニーズに応じたPTP用成形シートのご提供


PTPで医薬品を守る包装材料「PTP用成形シート」、当社は国内販売シェアトップクラス

PTPは、Press Through Pack(プレススルーパック)の略称で、錠剤やカプセル剤のパッケージとして数多くの採用実績があります。医薬品である製剤の効能・効果を期待どおりのものとするため、一次包装における製剤に対する必要な遮光性や防湿性などのバリア性をさまざまな製品ラインナップでカバーしています。主な包装材料はPVC(ポリ塩化ビニル)やCPP(無延伸ポリプロピレン)ですが、たとえば遮光性が付与された紫外線防止のための着色シートや優れた防湿性を付与するためにPVDC(ポリ塩化ビニリデン)と複合されたシート、超高防湿性能を持つPCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン:フッ素樹脂)を使用したシートなど、多種多様なシートを取り揃えています。これらの成形されたシートがPTP用アルミ箔と貼り合わされてPTPが完成します。製品化されたPTPの成形シート側から押し出すことでアルミ箔が破れ、内容物である錠剤やカプセル剤を取り出すことができます。

また環境問題に配慮した、植物由来原料を使用した環境対応シートの開発が進み、採用実績も出てきています。
その他にはアルミ箔を貼り合わせた成形シート(複合フィルム)を採用することにより内容物はPTPから見えなくなるものの、透明タイプの成形シートでは得られないハイバリア性能を持つPTPで製品化することができます。

    

近年、服用のしやすさを求めた錠剤の小型化によりPTPの成形ポケットも小型化することで錠剤の押し出しづらさが課題になることがあります。このような社会課題の解決策としてPTP用成形シートの薄肉化の追求や易開封機能を備えたPTPでの製品化が可能になっています。

    

PTP用成形シートに使用される主な種類とその特徴

■ PVC(ポリ塩化ビニル)系

1.PVC(ポリ塩化ビニル)
PVCには、軟質PVCと半硬質PVC、硬質PVCの3種がありますが、成形材料として使用されるPVCは主に硬質PVCです。

<特徴>

  • 透明性に優れる
  • 非常に包装機械適性(成形性)に優れる
  • カレンダー製膜法により製膜を行うため、紫外線防止剤、静電防止剤などの添加物を製膜の工程で容易に添加可能であり、さまざまなタイプのシートが生産できる
  • 焼却時の条件によるが、塩素ガスを発生するため焼却炉を傷めやすい

※カレンダー製膜法

 https://www.vec.gr.jp/enbi/enbi1_4.html

 出典:塩ビ工業・環境協会 Webサイト

2.PVCベース複合シート
ガスバリア性や水蒸気バリア性などを向上させるため、PVDC(ポリ塩化ビニリデン)やPCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)などとPVCを貼り合わせたシートです。用途に応じてさまざまなタイプのものがあります。

■ CPP(無延伸ポリプロピレン)

CPPには、ホモタイプとコポリタイプの2種がありますが、一般に使用されるのはコポリタイプがほとんどです。比重が小さく比較的安価であり、汎用性が高いシートです。

<特徴>

  • 防湿性に優れる
  • 耐熱性に優れる
  • 包装機械適性がPVCに比べて悪い
  • 透明性が悪い

当社の役割

商品は「包装材料」「包装加工」「包装機械」の3つの要素がバランスよく調和してはじめて完成すると考えています。

  • 国内外の包装材料メーカーとのネットワークにより、商社ならではの多彩な包装材料を調達・供給することができます。
  • オリジナルの新規包装材料・形態の企画提案や包装材料メーカーとの共同開発を通じ、将来的なニーズや市場動向を視野に入れたオリジナルの包装材料・包装形態の開発とともに、お客様との共同開発を推進することができます。
  • 内容物に対する包装材料の安定性試験評価および包装材料の包装機械適性など、調査・分析から包装試作までフルサポートします。
  • 商社としては珍しく品質保証部門を有し、包装材料メーカーと情報共有し、相互協力のもと品質向上に努めています。

※当社Webサイト内「事業内容:品質保証体制」ページが開きます

これらの包装用フィルムの企画・設計は、「パッケージのお悩み、解決窓口」の包装技術開発センターにお任せください。

※当社Webサイト内「包装技術開発センター」ページが開きます

主な用途 医薬 化粧 食品 メディカル 生活用品
ご提供サービス 包装材料 包装形態 包装機械 包装加工

製品情報検索

ページの先頭へ